So-net無料ブログ作成
検索選択

痛みのなかで聴こえてきた歌曲

またまたお久しぶりです。
いただいたコメントにお返事を返していなかった皆様、申し訳ありませんでした。
6月も忙しくしていましたが、7月に入ってから18日間入院していました。
予定では2週間だったのですが、3日ほど余分にかかってしまいました。

入院していた理由は前の記事でも書いたように顎変形症の手術
いろいろなブログランキングなどを見ると「病気」カテゴリーというのがあり、私も顎変形症の方々のブログをかなり参考にさせていただいていましたが、20代とか30代で手術を受ける方が多く、私のような年齢は少数派なのですが、執刀医から特に年齢のことを言われたことはなく、手術も無事に終わりました。
年齢が若ければ若いほど歯の状態も良いと思うので、そこがかなり残念なところなのですが、とにかく手術が可能だったということがうれしいです。
多くのブログを見ると手術後はとても暇で仕方がない、ということだったので、病院勉強しようと思い本を厳選して3冊と入手したばかりのタブレットも持参しましたが、実際にはそのような余裕はありませんでした。
というのも左側の顎の腫れがひかず、ずっとおたふく風邪のひどくなったような状況が続いていました。
しかも夜の痛みが半端でなく、何とか気を紛らわせたくても、勉強用の本など読める状況ではなかったし、音楽を聴いたり動画を視聴したくても耳の中が痛くて無理でした。もともとイヤホンが嫌いで滅多に使わないのですが、病院ではイヤホン必須ですからね。
そんなわけでひたすら痛みと向かい合う日々でした。楽だったのは入院日だけで、残り17日間は痛いかだるいかのどちらかでした。
私は普段から常に音楽を流していないこともあり、音楽をかけなくても特にどうということはなかったのですが、一番痛みがきつかった時、なぜか頭のなかで繰り返し流れていたのは高田三郎作曲の「くちなし」という歌曲でした。
この歌曲自体5月末まで知らなかったのですが、歌仲間の内輪の会で知人が歌ったためはじめて知りました。その後、入院直前に師匠のコンサートでも歌われたため、記憶には新しかったのですが、自宅ではほとんど聴いていませんでした。
師匠の歌もよかったのですが、体調不良でいらしたこともあって残念ながらいつものような感動が少なかったせいか、頭の中で再生されたのは知人の歌声でした。
内輪の会の時の知人の歌唱は確かに素晴らしく(発声には改善点が多いものの)、「すごい」と思った仲間が多かったのも事実です。
しかしこの時自分以外の人の演奏は録音しておらず、聴いたのは本番一回のみ。歌詞やメロディーが記憶されていたのは師匠のコンサートでも聴いたからかもしれませんが、頭の中では知人の細かな歌いまわしが正確に再現されていたと思います。私の記憶力がとても良いわけではなく、知人が鮮やかな記憶を残すほど素晴らしい音楽性をもって歌っていたということに尽きるのでしょう。
退院してからは急速に回復に向かっているような感じですが、現在はまだ口がそんなに開かず、話すことには不自由していませんが、本気で歌えるようになるまでには日数がかかると思います。
歌えるようになったらぜひ歌いたい歌の一つがこの「くちなし」でしょうか。
聴くたびに、また歌うたびに入院の時の記憶が蘇りそうでもありますが・・・。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。