So-net無料ブログ作成

ヘンデルのConcerto Grossoを聴きたい季節 [音楽鑑賞]

眼瞼黄色腫の手術の痕がだいぶ小さくなり絆創膏不要になりました。塗り薬ももう必要なくなってきました。
じゅくじゅくしたところがなくなったら(もうじゅくじゅくしていませんが)塗らなくて良いとのことです。
それでもあと一回傷痕の様子を見てもらうため通院しなくてはなりません。
眼瞼黄色腫であることは自分で調べて知ったのですが、手術の段階では「おそらくそうであろう」ということになっていたようです。手術で取った黄色腫(ホルマリン漬けにされた)ものを後で検査したようで、やはりそうだということになりました。「良性です。」と言われるとやっぱり安心しますね。悪性だなんて思っていませんでしたけれど。今後はコレステロールに気を付けた食生活をしなければなりません。
ついでにちょっと勇気を出してお聞きしてみましたが、黒子とかシミの治療も可能だそうです。シミは自費診療になりますが、値段の一覧表を見せていただきました。黒子は気になるほど大きいものでなくても保険適用での治療が可能なようです。具体的な治療の話は次回になりますが、取っていただきたいですね~。
私の顔の黒子はそんなに大きくないのですが、数があるように思います。
ただ、この病院が結構遠くなので困ります。近場の皮膚科に行くという手もあるのですが、新しいところに行くのも面倒なのでそこで引き続き治療をしてもらうつもりです。
本当は黒子よりもシミ・雀斑のほうが気になるのですが。
どうやって治療することになるのかわかりませんが、ついでにその周辺のシミ・雀斑も取れればいいのに。(笑)
シミで思い出しました。もう1か月ほど前にずっと気になっていた健康補助食品のビタミンC(レモン果汁パウダー)が安かったので購入してみましたが、何とか毎日飲めそうな味ですが続きません。やっぱりそのままなめるしかないのでしょうか。

今日は雨が降って若干涼しいですが、昨日は大変蒸し暑かったのでこの時期聴きたくなるヘンデルのConcerto Grosso(合奏協奏曲)を聴いてみました。
お気に入りはBISから出ているArte dei Suonatoriのもので特にOP.6-11(下の動画はその中の第1楽章)が好きです。


Handel: 12 Concerti Grossi, Opus 6

Handel: 12 Concerti Grossi, Opus 6

  • アーティスト: George Frideric Handel,Martin Gester,Arte dei Suonatori
  • 出版社/メーカー: BIS
  • 発売日: 2008/09/01
  • メディア: CD



Arte dei Suonatoriによるop.6-11(第1楽章)


NAXOS MUSIC LIBRARYで試聴できます。→こちら

昔の演奏だと倍くらい遅いものばかりですが、やはり爽快感を味わうにはこのくらいの速さでないと。

NMLでもう一つ同じくらい爽快感を味わえる演奏を見つけました。(オーストラリアのABCレーベルです。)

Handel: Concerti Grossi Op. 6

Handel: Concerti Grossi Op. 6

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: N/a
  • 発売日: 2009/08/11
  • メディア: CD



NAXOS MUSIC LIBRARYで全曲試聴できます。→こちら


Paul Dyer 指揮&チェンバロAustralian Brandenburg Orchestraという古楽バンドの演奏です。上で書いたお気に入りArte dei Suonatoriより若干テンポが速くきりっとした爽快感があります。初めて知りましたがフィリップ・ジャルスキーやアンドレアス・ショルとも共演していますね。今まで聴いたことのある演奏もいくつかありました。

Australian Brandenburg Orchestraによるヘンデルの合奏協奏曲Op.6-12(第2楽章)の演奏です。楽譜に注目してください。手書きっぽくて音符が大きめに思うのですが・・・。




これを聴くとOp.6-12も良いなと思えますが、やはり何度聴いてもOp.6-11が良いなあと思う私です。
(ちなみにArte dei SuonatoriのOp6-12第2楽章はこんなに速くなく、もう少し繊細な印象です。)
nice!(7)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 7

コメント 8

伊閣蝶

眼瞼黄色腫、傷跡もきれいに治って来ておられるとのことで安心しました。
それに「良性」とのこと。
もちろん悪性などということはないのでしょうが、やはりご安心なさったことと存じます。
ホクロやシミの治療も、今は相当技術も進んでいて、きれいに取り去ることができるそうですね。
ただ、シミなどは、やはりまたできてしまうようですが。

ところで、ヘンデルのConcerto Grosso(合奏協奏曲)、そういえば、ここのところ全く聴いていません。
レコードは持っていたはずなのですが(実家になるのでわかりません)、CDでは持っておらず、従って、少なくとも30年以上は聴いていないと思います。
聴いてみたいなと思いましたが、今回転勤してしまったので、音楽を聴ける環境を構築するのにちょっと手間取りそうです。
by 伊閣蝶 (2012-07-06 23:07) 

Cecilia

ユーフォさん、niceありがとうございます!
by Cecilia (2012-07-07 08:13) 

Cecilia

伊閣蝶さん、nice&コメントありがとうございます!
ホクロやシミは小さいものばかりで盛り上がったものはほとんどなく、治療の必要性があるのかどうかわかりません。
ですから皮膚がんの心配はないと思いますが、やはり見た目が気になりますよね。
素顔で勝負できるわけでもないのに私はノーメイクで過ごすことが多いのですが、若いころはともかく今はシミ・雀斑・ホクロ・しわ・・・に悩まされています。それでもノーメイクなのですけれど。(笑)
眼瞼黄色腫を心配していただきありがとうございます。日に日に傷が小さく浅くなってくるとうれしいですね。

ヘンデルのConcerto Grosso、記事で取り上げた二枚は本当にお勧めです。特にArte dei Suonatoriのほうは爽快感だけでなく程よいのんびり感があって好きですね。
Australian Brandenburg OrchestraのこのCDもかなり評価が高いようですよ。
個人的には最近のピリオド楽器による爽快な演奏が好みなのですが、昔の(レコード時代の)演奏にも興味があります。


by Cecilia (2012-07-07 08:30) 

Cecilia

lukyさん、niceありがとうございます!
by Cecilia (2012-07-07 10:43) 

Cecilia

uminokajinさん、niceありがとうございます!
by Cecilia (2012-07-07 10:44) 

Cecilia

月夜のうずのしゅげさん、niceありがとうございます!

by Cecilia (2012-07-08 10:14) 

Cecilia

般若坊さん、niceありがとうございます!
by Cecilia (2012-07-08 10:14) 

Cecilia

九子さん、niceありがとうございます!

by Cecilia (2012-07-16 09:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。