So-net無料ブログ作成

日帰り小手術

午前中は音楽関係のある講座に参加し、その後日帰り小手術を受けてきました。
日帰り小手術は左目瞼にできていた”眼瞼黄色腫”を取るという内容です。
この黄色腫は4年前にできたもので気になりつつも治療できないでいたものでした。
これについて私に何か言ってくる人はほとんどいなかったですね。できたばかりのころに看護士をしている友人が「目のところだから治療するにしても気をつけたほうがいいよ。」と助言してくれたくらいです。
一番いろいろと言ってきたのは身内である姉。
「おじいちゃんやおばあちゃんができるやつ」と言われました。確かに高齢者の瞼によくできるようなものでした。
4年間大きさはほとんど変わりませんでしたが(直径5ミリあったでしょうか?)、平らな感じで周りの皮膚の色と同じ色です。
女性ですから気にならないわけはないのですが、どこで治療するものなのかさっぱりわからなかったし治療費が高くついたらどうしようかと心配になったのも事実です。
高脂血症の人にできるらしいのですが、確かに4年前にできたころがもっともコレステロールの値が大きかったと思います。今はそちらのほうの治療は必要ないはずです。
私が手術をしたのは形成外科でした。担当医から話を伺い、メスで切るのかレーザーで治療するか選び後者を選びました。メスのほうが治りが早いようですが、治ってしまえばどちらも痕は同じということでした。

どきどきしながらも(たいした手術じゃないし)とたかをくくって今日の日を迎えました。
形成外科の受付で検温・血圧測定後、手術室に呼ばれて手術着に着替えました。
髪留めなどははずしてゴムだけにしてシャワーキャップみたいな帽子をかぶりました。
コンタクトは両方ともはずしました。
優しそうな看護士のお兄さんに付き添われ、手術室へ!

私は手術室といっても処置室みたいなものかと思っていましたが、”中央手術室”と書かれた部屋で天井にはあの手術用の照明が!
そこで手術台の上に横たわるように言われ、緊張感がMAXになりました。
心電図のための電極を体につけられ、左手には点滴を指され、血液中の酸素を測るものをつけられました。
右手には血圧測定器が取り付けられました。
顔を消毒後手術する場所以外を覆う重い布がかけられました。
局所麻酔が注射されましたが、これは大して痛くなかったですね。
その後レーザーで治療されましたが、瞼を撫でられている感触しかしないうちに終了になりました。
実は麻酔後に担当医が「メス」と言ったので(レーザーじゃないのか?)と思ったのですがレーザーですよね?
麻酔が効いていたらメスで切っても撫でられているようにしか感じないかもしれませんが。
それにその後縫い合わせている様子でもなかったし。
局所麻酔なので時々担当医から「痛くない?」など聞かれそれに答えていましたので、聞こうと思えば聞けたのですが、レーザーであってもメスであってもとにかく目立たないようになれば良いし、手術台で聞く余裕はなかったのでやめました。一応手術前に確認があってレーザーとは言わなかったけれど、それらしいことを言っていたのでそうなのでしょう。
終わりごろ、担当医と看護士の会話で「取れたよ。」「ホルマリン・・・」とか言っていたのですが、まさか取れたものはホルマリン漬けにするのでしょうか?
とにかく終わったあとは例の優しそうな看護士のお兄さんに労わられながら外に出ました。

来週また行かなくてはならないのが面倒なのですが、仕方がありません。(そんなに近くないので)
これからは当分の間瞼に絆創膏を貼らなければなりません。早く傷が目立たなくなれば良いのですが。
現在大きな絆創膏がついていますが、明日からは普通の小さな絆創膏で良いそうでほっとしました。でも薬を塗るのは面倒ですね。
やっと黄色腫とおさらばできてせいせいしましたが、患部を見てないので現在どうなっているのかさっぱりわかりません。明日の朝絆創膏を変えるときにぎょっとするのでしょうか?

手術前は飲み食いできなかったのでおなかがすきました。
でももう3時間近く経っているけれどまだ痛くないですね~。
早めに痛み止めを飲もうと思います。


nice!(7)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 7

コメント 13

伊閣蝶

眼瞼黄色腫ですか。
高脂血症といった成人病との因果関係はなさそうなご様子ですので、ホッと一安心です。
単に除去するためだけなのであれば、炭酸レーザーによる治療が一般的で、傷も全く残らないようです。
ですから、きっと絆創膏を張り替える際もご安心ですよ。
それから、麻酔が切れたことによる痛みも出なかったとのことで、こちらもなによりでした。
でも、やはりきちんとした手術室で措置をするのですね。
私は、手術室などに入るのは、もう45年以上も未経験ですので、そんな事態になったらやっぱりちょっとパニックになりそうです。
by 伊閣蝶 (2012-06-29 01:01) 

Cecilia

yu-papaさん、niceありがとうございます!
by Cecilia (2012-06-29 07:54) 

Cecilia

伊閣蝶さん、nice&コメントありがとうざいます!
少なくともできた頃は滅茶苦茶太っていましたので因果関係はあったのだと思っています。
今現在のコレステロール値などは調べないとわかりませんが、おそらくは問題ないはずです。
昨日初めて傷痕を見ましたが丸く抉れていましたのでやっぱりレーザー(たぶん炭酸レーザー)でした。
傷の痛みはまったくなく絆創膏張り替えの際も大丈夫です。
あとは早く目立たなくなるのを待つばかりです。
それにしてもあれだけの小手術でもきちんとした手術室で行うことに驚きました。ほくろを取ったりするのも似たようなものだと思うのですがやはり同じなのでしょうか。
by Cecilia (2012-06-29 08:02) 

luky

小手術でも大変でしたね、
私も以前口内炎を悪化してやむなく手術をしましたが、入院はやですね、周りの人が元気が無く落ち込みますね、看護婦は面白い人もいますね、
最近は基礎代謝が1671カロリーで、体年齢18歳、骨密度、体脂肪、血圧、血流どれの普通です、健康がいいのですが、この世の中いいことが少なくてあまり長生きしたくないような、でも70歳を超えるのが大変みたいですね、脳こうそくも多いこと、癌の患者が多いですね、
これも生活習慣病で改善ができない人が公園で会います説明してもだめですね。
by luky (2012-06-30 16:04) 

Enrique

眼瞼黄色腫というのは知りませんでした。
5mmあると気になるでしょうね。私は「ものもらい」の大きなのが頻発したことがあって,あれは結構イタいですね。芯が残っていると再発するからと普通にメスで切ってもらったことがあります。あまりその後ならなくなったと思います。
あまり自信無いですが,レーザー・メスというんじゃないですかね。だからレーザーでもメスの一種とか?
by Enrique (2012-07-02 01:16) 

ユーフォ

実は私も顔面の日帰り手術をこの前しました・・・(*_*)
by ユーフォ (2012-07-02 20:44) 

Cecilia

lukyさん、コメントありがとうございます!
忙しすぎてお返事が遅くなりました。すみません。
口内炎で手術ですか!そういうこともあるのですね。
確かに自分が大したことない症状でも入院するとなると同じ病室に元気のない方がおられる可能性もありますよね。一番最近入院した経験は出産の時だったので、元気な人ばかりでしたが。
看護士さんは面白い人も多いと思いますがきつい人も多いですよね。
長生き=幸福ではないと思うのですが、早く死にたくはないですね。
できることならば自分にとって幸せな状態で天命を全うしたいです。
by Cecilia (2012-07-04 08:53) 

Cecilia

Enriqueさん、nice&コメントありがとうございます!
「ものもらい」の大きいものですか!痛そうです。
これの方言は面白いですよね。”メバチコ”とか”メコジキ”とか。(笑)
炭酸レーザーだったかな、とも思うのですが、「目に影響ないですか?」と言ったら「じゃあこっちの(?)方法にします。」とか言われました。レーザーメスの可能性高いですね。
1週間経って傷も小さくなりました。あさってまた病院に行きますが、この程度の傷ならもう軟膏も絆創膏もいらない感じです。でもやはり顔なので引き続きケアしますが。(軟膏が余っても使い道がないですし。笑)

by Cecilia (2012-07-04 08:54) 

Cecilia

ユーフォさん、nice&コメントありがとうございます!
顔面の日帰り手術をされたのですね。
何の手術なのでしょうか。お互いに気を付けましょうね。
by Cecilia (2012-07-04 08:56) 

Cecilia

lukyさんniceを追加してくださってありがとうございます。
by Cecilia (2012-07-04 16:28) 

の

アラァ~!!(@_@;)、、、そかそか
暫くぶりに来てみたら、、、、\(◎o◎)/!
「小手術」☜(・・;)。。って言ってもウチなんかは「怖い」デス~('_')
早く完治しますようにデス、、「お大事に」~<(_ _)>
by (2012-07-05 01:42) 

Cecilia

のさん、nice&コメントありがとうございます!
傷はかなり小さくなってきていますよ。
明日は病院で診ていただく予定です。こんなに簡単なことならもっと早く手術すればよかったと思っています。
でも案外周りはこちらが思うほど黄色腫を気にしていなかったようで、「そんなできものあったっけ?」と言われています。(笑)
by Cecilia (2012-07-05 08:07) 

Cecilia

九子さん、niceありがとうございます!

by Cecilia (2012-07-16 09:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。