So-net無料ブログ作成
検索選択

高校無償化

久しぶりに社会問題の話です。

ここのところ忙しすぎて新聞をじっくり読む暇もなかったのです。(ブログをやる暇があるのならもっとじっくりニュースや新聞を見るべきでしょうけれど。でもブログをやる暇はあっても力を入れる暇はなかったです。)
私が読んでいる新聞は朝日新聞だけですので、考えていることには朝日新聞の影響があるでしょうし、偏っていると言われても仕方がありません。
実際いろいろ読み比べてみたいのはやまやまですがそこまでしている余裕がないというのが現状です。

その朝日新聞の昨日の記事を見たら「定時・通信制、負担増も・・・無償化に比べ税重荷・・・フリースクール、恩恵なし・・・」という見出しが目に入りました。


うちの次女は私立に行くことになりましたが、姉である長女が通っているところもお金がかかるところなので、無償化は切実な問題です。
本当に早く決まってくれないかなあという気持ちでしたが、他の方のブログを拝見すると無償化も手放しでは喜べませんね。
でもやっぱり教育にお金がかかる家には切実な問題なのですよね~。

でもここでふと長女のことを考えてみると、本当はもっといろいろ訴えなければならないと感じます。
長女が通っているところは高校ではありません。
まあフリースクールみたいなものですが(覚えておいでのかたも多いでしょう。)、学費は年間60~70万です。
その上交通費がべらぼうにかかるのです。(年間20万程度)
一応学割がありますが大学生扱いなので高校生ほど安くありません。
近場に良いところがあればそこに通わせたと思いますが、残念ながらこの手のフリースクールのようなところはうちの近くにはありません。
まあどこでも良いから近場の入れそうな高校に入れておけばよかったのかもしれませんし、そこを選択したのだから仕方がないと割り切っていますが。

勉強が嫌いで勝手に中退したり不登校になったりするのだから恩恵をこうむらなくて当然だという声が聞こえてくるような気がします。

これからお子様が学齢期になっていくおうちのかたへ、教訓!

不登校になることも想定してお金を貯めましょう。
学校がだめならフリースクール・・・と思っても都会でないといろいろ大変なのですよね。

そうそう・・・高校生なら当然受けられる割引がないことも多いのですよね。
大丈夫なことも多いけれど。

nice!(7)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 7

コメント 21

nyankome

無償化と言っても出所は税金ですから、みんなで負担しましょうということでしょうか。所得によっては無償化の必要のない家庭もあるのではと思います。その分、苦しい家庭の諸費に回した方が、より公平だと思うのですが。
by nyankome (2010-03-18 11:05) 

tm

多数派の人のことだけ考えていると、どうしても「漏れ」が出て来てしまうということでしょうか。朝鮮学校のように、意図的に外されるところもありますけどね。

nyankomeさんのおっしゃる、「無償化の必要のない家庭」の線引きは、もっともな感じもしますが、いざやろうとすると、かなり複雑なことになるでしょうね。世帯収入だけでなく、通っている学校の授業料も様々ですから、誰もが納得のいく線引きなどできないのではないでしょうか。線引きがあると、事務手続きに費用がかかるだけでなく、悪用する人も出そうですし…。

それくらいなら、みんなに支給することにした方が単純です。対象とする「高校」の線引きを広げられればいいんでしょうが…。あるいはもっと根本的に、高校まで義務教育にしてしまうとか。
by tm (2010-03-18 17:18) 

Cecilia

nyankomeさん、nice&コメントありがとうございます!
tmさんもおっしゃっていますが線引きは非常に難しいのでしょうね。
我が家などは「無償化の必要のない家庭」に分類されてしまいそうですが、実情は必要がある家庭なのです。
もちろんもっと苦しいご家庭があるというのも承知していますが。


by Cecilia (2010-03-18 18:41) 

Cecilia

tmさん、nice&コメントありがとうございます!
皆が納得できる状態というのはなかなか実現しないと思うのですが、もう少し不登校や中退者の家庭の現状というものを考えてもらいたいですね。
また、私立高校に入学する子の家庭が必ずしも裕福でないというところにも注目したいです。
やはり高校まで義務教育化するのが良いのでしょうか・・・。
身近なところにも家庭の事情で高校進学ができない子、働きながら定時制という子たちがいます。










by Cecilia (2010-03-18 18:57) 

すとん

 高校の無償化そのものには反対ではないけれど、義務教育修了後の教育は、やはり原則的には自己負担であるべきだと思う。私は、現在の中学と高校を合併して、新しい中等教育学校を作り、それを義務教育として無償にするべきだと思う。

 拙速な政策は、将来の禍根になるだけです。何でもバラまけばいいと思われているんだよね、我々は。なめられたものです。

by すとん (2010-03-18 19:29) 

matcha

うちの長女も、中学2年から不登校で、保健室登校をし、ほとんど独学で県立全日制の普通科に入りましたが、ここでも不登校となり、結局ここを退学し、定時制の昼間に通わせました。
一年年上で他の子と付き合えるのか、また不登校かと思いましたが、今度はうまく通い始め、友達もでき、生活がいきいきとしてきたので、安心しました。
定時制の昼間は、不登校経験の子が殆どだったし、先生もそんな子に慣れておられるようで、親としてホッとしました。

うちは、みな県立なので、私立での財政の苦しみは分かりませんが、
高校無償化は、やり過ぎですね。奨学金を半分返せばいいとか・1/3返せばいいとか・・その家の状況に任せればいい。
一番の問題は、大学・専門学校のつくりすぎと高額な入学金及び授業料では?それと公立高校と私立高校の学力や必要経費の格差も問題です。
教育は人間の生涯において大切な時期でもあり、万民に受ける機会を与えるべきものでしょう。
でないと、国は滅びます。ひとりひとりの才能を、充分発揮させるために。
より、高度な産業や豊かな社会、安心して生活して行ける社会ために、必要不可欠なのが、教育そのものです。
極論かもしれないが、各家庭の資金の問題で、機会を奪ったりするものでは、ないはずでしょう。
僕の時代は、大学の授業料は、月3,000円でした。
当時でも幼稚園より安いと言われました。
すみません。
長くなりました。
by matcha (2010-03-18 21:10) 

yablinsky

Ceciliaさんの教訓。それからmacthaさんの教訓。受け取りました。うちの子どもたちは公立中学に行く予定ですが、そこは、この地域でも最悪と呼ばれる中学です。最近は大人の歩きたばこはすっかり減りましたが、中学生は隠れるでもなく、そこらでたばこを吸っております。他人事とは思えません。
by yablinsky (2010-03-18 21:37) 

かなりや♪

こんばんは。
基礎教育の無償化は当然と思われます。が、日本人は、教育ではなく、「学歴」をほしがっているから、本当の意味の教育・・・未来を担う人を育てる・・・が行われなくなってきていて、教育の商業化、形骸化、がはじまっていて、不登校、中退、引きこもり、大卒者の就職難等、問題がおきているように思います。
無償化より、質の問題を解決しないと、無駄遣いになりそう~。
by かなりや♪ (2010-03-18 21:42) 

Enrique

今の世は正社員にありついていても,子供が2人以上いれば家計は火の車です。うちの実家は子供4人大学出して崩壊しましたが。ましてや今の不安定な雇用にある人は,子供を大学にやれないばかりか,高校もあぶないです。

膨大に認可した大学が溢れ,つぶれる大学も出,日本の子供を満足に面倒見ないで,30万人留学生計画をぶち上げる。そのようなマチガイの責任をとらず,いまだにそれでメシを食っているような人たちがいます。税金の多く(前借り分までも)が訳の分らないところに消えていき,事業仕分けの俎上に上るのはむしろ,少額かつ役に立っているほうの案件。

教育だといって甘えるなという意見も当然あるでしょうが,こんなムダ遣いならいいではないですか。教育にかけるならば。子供手当てとは違い,現物給付ですから。日本は教育にはお金を全然かけていません。せめてなら,恩恵が平等に及ぶべきです。

一旦レールから外れると,ことごとく拒否されるのが,日本社会です。空気を読んで,うまく合わせられるだけの人間が増殖したら本当にまずいと思います。個性を出したら,はじかれる。そんな仕組みは何としても改善させなくてはいけません。

学校に限らず,自由にものが言えない雰囲気に覆われているのが今の日本社会です。むしろ,学校の方が社会の縮図なのかもしれません。卑怯な手で権限を行使する輩。そうなってしまう仕組み。追認する人々。娘も転校を経験し,相当苦労しましたが志望大学に合格できて喜んでいます。しかし卒業まで予断をゆるしませんし,2人目,3人目それぞれ色々な問題を抱えながら,走っています。子育ては本当に大変です。バラマキでも,せめてもの経済的支援はあってもいいと思います。
by Enrique (2010-03-19 02:55) 

Cecilia

すとんさん、コメントありがとうございます!
すとんさんがブログで書かれたこともなるほどそうだなあと納得していますし、今回のコメントもそのとおりだと思います。
特に私学には国が思想的に介入すべきではないと思っていますし、そのためには資金の面でも独立しているべきなのだと思っています。
基本的には私は国公立より私学派なのですが、さすがにいろいろな面できついですね。
・・・でついつい今回のようなこともぼやきたくなってしまうのです。

>拙速な政策は、将来の禍根になるだけです。

これはこわいですね。
私たちがなめられているとは思っていませんが。
あと私がよく考えているのは、”第3号被保険者”である私たちのことです。
この制度の話題で姉からもよく糾弾されるのですが・・・。(苦笑)
”扶養の範囲で働く”・・・というのも気になる話題です。

by Cecilia (2010-03-19 08:27) 

Cecilia

matchaさん、nice&コメントありがとうございます!
matchaさんのお嬢様も不登校でしたか。
独学で頑張られたのですね。
近所のママ友のお嬢様も保健室(相談室)登校の子でしたが、もともと優秀なお子さんだったのでうちの次女が進学予定の高校の特別進学クラスに合格しました。
その後しばらくしてやはり行けなくなり、今では休学してアルバイトをしています。
高校に入ることができても再び不登校になるだろうという予想がついたため、我が家では高校進学させませんでした。(長女も受験の意思がなかったし。)
ここでどこでも良いから入れていたら今回の恩恵をこうむることができたのかもしれませんが・・・。
でも留年しているでしょうね。(留年した子の無償化の問題もあるらしいですね。)
今もサボりまくっている大学生のような生活をしていますが、高卒認定には通りアルバイト三昧、趣味三昧の毎日です。(アルバイトで得たお金は学費になるわけではありません。)
それでも家にこもってないだけマシかなあと思う毎日ですが・・・。

奨学金の話ですが・・・
私が通った大学は私学でした。
matchaさんの月3000円ってすごいですね。
私よりちょっと年上なだけ(夫と同世代?)かなと思いますが、もっと上ですか?
私の大学の当時の初年度納入金が78万だったと記憶しています。
当時、私学の中では比較的安いほうでした。
姉は親の望みどおり国立に行ったのに申し訳ないという思いで、自分から育英会奨学金を申請することにしました。
当時月41,000円、全額返還は大変ですが予定通り教員になって返還しなくてよいはずでした。
結局教員をやめたので返還しなくてはなりませんでしたが、数年間猶予期間もあり、いくらかは免除になりました。
年間11万程度返還し、それが先日やっと終わりました!
猶予期間がなければもっと早く終わっていたのだと思いますが。
もうすぐわが子がそれを申請していた頃の自分と同じ年齢なんだと思うと複雑な心境・・・。
たぶん前倒しで返還などもできたと思うのですが・・・。

格差社会について私も考えることが多いです。

by Cecilia (2010-03-19 08:59) 

Cecilia

ぼんぼちぼちぼちさん、niceありがとうございます!
by Cecilia (2010-03-19 09:01) 

Cecilia

yablinskyさん、nice&コメントありがとうございます!
yablinskyさんがお住まいのところはきっと良い私学も多いと思います。
我が家も私立受験できればさせたいくらいの気持ちだった時期もありました。
まあ中学高校は公立で充分と思っていたし、不登校になることはまったく想定もしていなかったし・・・。
今では大学に進学する気が芽生えるとは思えない状況です。(専門学校になる可能性が高いです。)
公立は荒れているとか信用できないとか言われていますが、悪いとばかりも言えないと思っています。




by Cecilia (2010-03-19 09:08) 

Cecilia

かなりや♪さん、コメントありがとうございます!
基礎教育というのは義務教育のことですよね。
娘たちを見ていると「学歴」ってなんだろうかと思わせられます。
私は何の苦もなく大学を卒業しましたが、学歴があるからと言って良い思いをしたのは卒業後に就職した時までで(教員は学歴が必要ですからね~。)、それ以降は学歴が邪魔だと思うことも多いです。
そういう私も長女には不登校で高校にも行かなかったけれど大学に入って挽回してもらいたいと言う気持ちもありました。
高卒認定に通った彼女(特に勉強しまくったわけではない。)、大学に行かなければならないとか行きたいという感覚がないです。
同じところに通っている子の多くはそう思っている子が多いようなのですが。
専門学校でも何でも好きなことを勉強してくれれば良いと思うし、高卒認定の肩書きのまま就職を望むならそれはそれでよいと思っています。
はっきり言って、(何でも良いからきちんと独立してくれ~)という心境なのです。
次女は次女でいろいろありますが、長女に比べると”普通のコース”を歩んでいるので楽ではあります。
もともとわが子たちに”学歴”だけを望んでいたわけではないのですが、親である私たちが”学歴”信仰から自由になるためにこういう子供たちが与えられたのかと思う毎日です。




by Cecilia (2010-03-19 09:20) 

Cecilia

Enriqueさん、コメントありがとうございます!
我が家は一応名の通った会社で働く夫の稼ぎで暮らしていますがきついです。
贅沢を言ってはいけないですね。
でも今後数年のことを考えると気が遠くなりそうです。
一番良いのは私がどこかで正社員として働くことなのですが。
(”扶養の範囲”ではたいして稼ぐことができませんね。)
自分の老後も心配になってきましたし、その前に義母が倒れた時の介護の問題もあります。


>こんなムダ遣いならいいではないですか。教育にかけるならば。子供手当てとは違い,現物給付ですから。日本は教育にはお金を全然かけていません。せめてなら,恩恵が平等に及ぶべきです。

すとんさんがおっしゃるように将来に禍根を残すべきではないと思うのですが、真の意味で平等に恩恵をこうむることができるように良いムダ遣いをしてもらいたいですね。

Enriqueさんが書かれたコメントで思い当たることが多いです。
レールに乗れている子たちというのは一生懸命頑張っている結果だとは思うのですが、教師の思うとおりに動けていてそこに問題を感じようとしない子達とも言えます。(感じることがあっても割り切ることができているとか。)
また、学校で”良い評価”をもらえないと進学につながらないということから進学塾でも学校で”良い評価”をもらうためにはどうしたらよいかということを徹底して叩き込まれるのです。
少なくともうちの近所の進学塾ではそうです。
うちの娘たちにはその空気が耐えられなかったのでその進学塾の短期講習を拒否するようになりました。
上でmatchaさんへのコメントに書いた近所のママ友のお嬢様もそうです。
非常に優秀で塾からも学校からも期待されていながら、レールから外れていったのです。

>学校に限らず,自由にものが言えない雰囲気に覆われているのが今の日本社会です。

こういうことを私は過去の記事で書いてきました。
ネット上でも思うことは多いですね。

娘さん、大学で楽しい学生生活を送れると良いですね。
by Cecilia (2010-03-19 09:44) 

Cecilia

U3さん、niceありがとうございます!
by Cecilia (2010-03-19 18:55) 

Cecilia

cocomotokyoさん、はじめまして。
niceありがとうございます!
by Cecilia (2010-03-19 18:57) 

mab

日本にいないので、最新情報をキャッチアップできていませんが、高校無償化は、うちは共働きなので、実は必要ありません。でも税金の無駄使いにならないように十分練ってほしいですね。。
もしなるなら、「日本の学力の底辺を底上げする」ために、公立をもっとレベルアップして、皆が行きたくなるような魅力的にしてほしいです。
「近くの公立に行きたく無いから、私立へ行く。さらに私立も無償化」なら、だれも公立へ行かなくなるでしょう。
by mab (2010-03-20 10:03) 

Cecilia

mabさん、コメントありがとうございます!
私立も無償化と言っても公立授業料に相当する12万程度なので、もちろんお金がかかることは変わりません。
でも12万安くなればありがたいですよね。
次女の行く予定の高校なら月々3万5千程度なのが1万減ると言う感じでしょうか。
家に振り込まれるわけでなく学校のほうにいくそうですが、この辺のことはまだ学校から何か連絡があるわけではないので(皆さん同じでしょうけれど)、どきどきしながら待っている状況です。
でも中学ではだいぶ前に「こうなるかもしれない」というプリントが配られていました。(どこの中学でも配られたと思います。)
うちのほうは公立派がほとんどです。
私立は滑り止めですね。
もっともうちの次女には滑り止めにもならなかったという現実があるのですが。
でも何とか単願で合格させてもらえたのです。
by Cecilia (2010-03-20 10:35) 

ことなりままっち

うちは来年受験なので切実な問題ですね。
高校無償化については、公立の場合は授業料だけなくなってもねぇ、っていう話を先輩ママさんからお聞きしていますし、私もそうだと思います。
うちのあたりは私学も助成金がありますので(来年も続行らしいです)授業料だけ考えると私学でも高いわけではありません。が、私学はその他もろもろにかかる費用が大きいですね。うちから自転車でいける学校は皆無だし…。

不登校のことは実は私も考えていました。
うちの長女は不登校になるようなタイプではないのですが(やたらめったら友達が多いのです。ただ、体力がない子なので、起きるのがツライようですが、学校はキライじゃないそうです)クラスにも不登校の子がいます。ただ、聞いた話だとこの子はCeciliaさんの長女さんタイプではなく、いわゆる「ヤンキー」らしいですが…

我が家では、大学に通ったことについては意義を感じているものの、高校での授業については、正直意義を見出せない、というのが夫婦そろっての意見です。私にいたては、高校で勉強したことは全く役立っていません。でも高校で進路に悩む時間があったから今の私があるともいえるし…。

長女はどうなるんでしょうね。通学範囲などから公立志望ですが。今現在やりたい仕事と学歴の関係がなかなか結びつかないようです。
by ことなりままっち (2010-03-20 14:16) 

Cecilia

ことなりままっちさん、コメントありがとうございます!
高校のHPを見ると助成金があるのかな、と思うのですが親向けの説明会は入学式までないのでわからないのです。
とにかくすでに入学金と制服代で26万程度支払っています。
本人は制服が可愛いので喜んでいます。

不登校になるタイプもいろいろいますよね。
想像ではおとなしくて繊細な子が多いと思っていました。
そういう子もたしかに多いのですが、うちの長女も友達は多かったし、リーダータイプ(仕切るタイプ)でしたし。
ヤンキーっぽい子というのも確かにいます。
中身は見た目と違っていたりしますけれどね。

深く考えずに皆が行く高校・大学に行けば楽だと思うのですが、どうして”意義”を考えてしまうのでしょうね。



by Cecilia (2010-03-21 08:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。